美容外科の脂肪吸引で痩せるメカニズム

###Site Name###

美容外科の痩身メニューのひとつに、脂肪吸引があります。

体内にカニューレ(挿入管)を入れて、皮下脂肪細胞を吸引して外に出す施術です。


脂肪細胞の家事は思春期までに決まり、その後は変化しません。

独自性の高いNAVERまとめについてお答えします。

脂肪細胞の数が多いということは、食べ過ぎると膨らんでしまう脂肪細胞の数が多く、太りやすいということです。

リバウンドしやすい人は、脂肪細胞の数が多い可能性もあります。
かつての脂肪吸引は硬いままの脂肪をそのまま吸引していましたが、この方法では脂肪以外の血管、神経、筋肉などを傷つけてしまうというリスクが高いのが問題でした。


皮膚の表面がデコボコしたり、肌の質感が悪くなる、などのデメリットもありました。

最近の美容外科では、その点を改善して、より安全に高い効果が出せるようになっています。

レーザーや超音波で脂肪を溶解してから吸引する方法が主流で、この方法ならば脂肪以外の組織を傷つけるリスクが減ります。



カニューレの操作がスムーズで無駄がなくなっているので、施術時間も大幅に短縮されています。

美容外科で脂肪吸引を受けるときの注意点は、たくさん脂肪を出してしまえば良いわけではない、ということです。
脂肪には、ボディラインを整えるための役割もあります。

それを無視して取り去ってしまえば、痩せたけれどもボディラインが崩れたということになりかねません。

大阪の美容外科の情報を知りたい方必見です。

事前のカウンセリングで、医師とどの部分をどれくらい吸引してどんな仕上がりにするのか、というデザインをしっかり話し合っておきましょう。